スキーにはまっています。


by 幸田 晋

原発避難住民「戻りたい」4割に減る 家族別居は半数に

原発避難住民「戻りたい」4割に減る
 
家族別居は半数に


朝日
2011年10月9日01時04分より


東日本大震災から半年を機に、

朝日新聞社は9月下旬、
福島大学の今井照(あきら)研究室と共同で

東京電力福島第一原発事故による
避難住民への聞き取り調査をした。

住んでいた地域に「戻りたい」という人は43%で、
前回6月調査の62%より減った。
震災で家族が別々に暮らすようになった人は46%と半数近くに上った。


 
放射能汚染への不安から
妻子らがより遠方に避難している例が目立ち、
原子力災害に伴う特徴が浮かび上がった。
除染の遅れや難しさを感じている人が多い。


 
住んでいた地域に「戻りたい」「できれば戻りたい」は計65%(前回79%)、

「あまり戻りたくない」「戻りたくない」は計17%(同12%)だった。



 今回調査に答えた人のうち前回「戻りたい」と答えていた人は169人。このうち今回も変わらず「戻りたい」としたのは半数あまりの91人。42人は「できれば戻りたい」、10人は「戻りたくない」になった。

福島県浪江町の自動車整備会社員の西山憲一郎さん(45)は「戻りたい」から「戻りたくない」に回答が変わった。

 「(警戒区域の町は)放射線量が高すぎる。除染してもすぐに元通りにはならないだろう。残念だけど仕方がない」と理由を語る。4回避難を繰り返し、7月に西郷村の借り上げ住宅に。新しい仕事を見つけ、小学生の子どもも村の生活になじんできたという。

 「家族が別々」は、家族に18歳以下の子どもがいると答えた人で高めだ。


 長男(35)夫婦と2人の孫が東京都内の借り上げ住宅に避難して、離ればなれになったのが、いわき市の借り上げ住宅に住む主婦(57)。夫(59)と義母(79)の3人暮らしだ。

 富岡町の自宅は第一原発から約9キロ。長男は孫を福島に戻すことに「絶対にだめだ。戻らない」と断言するという。連休になれば、車で約2時間半かけて孫に会いに行く。

 「どれくらいの期間で住んでいた地域に戻れると思いますか」の問いには、35%が「1年~5年未満」と答え、最も多かった。「5年~10年未満」「10年~20年未満」「20年以上」はそれぞれ1割程度。「戻れないと思う」人は全体では11%だが、立ち入り禁止の警戒区域に自宅がある人では18%と多くなっている。

 調査は9月20~29日に面接を中心に一部は電話で実施。前回応じた住民のうち、今回も協力が得られた287人から回答を得た。
by kuroki_kazuya | 2011-10-09 03:20 | 核 原子力 | Comments(0)