スキーにはまっています。


by 幸田 晋

電力9社、政界工作で連携 担当議員決め資金協力や接待

電力9社、
政界工作で連携 

担当議員決め
資金協力や接待


朝日
2011年10月9日03時00分より


全国の9電力会社役員が
業界団体主催の朝食会で、

所管官庁の経済産業省と関係がある議員を
中心とした自民党議員数十人と顔合わせしたうえ、

担当議員を分担、
選挙時の資金協力や
飲食接待などを行っていた
ことが分かった。

参加した議員秘書らが明らかにした。



 東京電力で組織的なパーティー券購入や、会社側が役員の個人献金を差配していたことが判明したが、新たに電力各社が連携して政界工作にあたってきた構図が浮上した。こうした工作は1990年代に盛んに行われ、顔合わせの朝食会は近年も続いていたという。

 議員秘書や電力会社元幹部によると、全国の電力会社でつくる業界団体「電気事業連合会(電事連)」主催の朝食会は、東京都内のホテルを会場に2~3カ月に1回のペースで実施。また、不定期で電力数社と議員らのランチ会もあった。

 朝食会の出席者は、沖縄電力をのぞく電力9社の役員と、自民党議員や代理出席した秘書など。議員は中堅クラスが多く、国会活動などで経産省と付き合いがある人が目立ったという。電事連からの案内状をもらった議員が会場に着くと、その議員の担当となった電力社員が世話をしていた。

 その後、担当となった電力会社役員は、選挙前にその議員の事務所などを訪問し、「電力業界からの陣中見舞い」として現金を手渡していたという。ある議員秘書は「封筒に200万~300万円が入っていたことがある」と証言する。
 


また、役員は年に1回のペースで、東京都内の料亭で議員を接待していた。この席には各電力会社の社長が出席することもあった。

各電力会社に対し、自民党議員との朝食会について取材したところ、関西、九州の2電力は、朝食会への参加を認めた。

それ以外の社は「個別には言えない」としている。電事連は「朝食会があったかどうかは答えられない」と回答した。

(藤森かもめ、板橋洋佳)
by kuroki_kazuya | 2011-10-10 03:01 | 核 原子力 | Comments(0)