スキーにはまっています。


by 幸田 晋

年金開始「68~70歳」念頭に厚労省3案提示

若年層も遠い将来の問題とせず、
真剣に自己の問題として、
考えなくては・・・

この国の、未来は・・・(黒木)


年金開始
「68~70歳」

念頭に厚労省3案提示

読売新聞
10月11日(火)21時58分配信より


 
厚生労働省は、
厚生年金の支給開始年齢を

将来的に
68~70歳に引き上げる
ことを念頭に、
11日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)
の年金部会で三つの案を提示した。


同省は、年内の改革案取りまとめを目指す。


 厚生年金の支給は、男性は2025年度までに、女性は30年度までに、それぞれ60歳から段階的に65歳まで引き上げ、基礎年金と合わせることがすでに決まっている。

 だが、厚労省は、少子高齢化の急速な進展などを念頭に、年金財政の安定化のためには年金支給開始年齢を一層引き上げる検討に入る必要があると判断した。

 3案は基本的に、年金が受給できる年齢を遅らせ、そのスピードをどう速めるか、度合いをそれぞれ調整したものだ。

 具体的には、〈1〉厚生年金の支給開始年齢を3年に1歳ずつ引き上げる既定スケジュールを「2年に1歳ずつ」に前倒しし、65歳に引き上げる〈2〉厚生年金を現在のスケジュールで65歳まで引き上げた後、基礎年金と併せて支給開始年齢を3年に1歳ずつ引き上げ、68歳に引き上げる〈3〉2年に1歳ずつ前倒しして65歳まで引き上げた後、さらに同じく2年に1歳ずつ引き上げ、両年金の支給開始年齢を68歳に引き上げる――との内容だ。
by kuroki_kazuya | 2011-10-12 05:30 | 労働 | Comments(0)