スキーにはまっています。


by 幸田 晋

中国共産党、重慶市トップ解任 繰り返される権力闘争の構図

中国共産党、
重慶市トップ解任 


繰り返される
権力闘争の構図

産経新聞
3月16日(金)0時51分配信より一部

【北京=川越一】

中国重慶市トップの
薄煕来党委書記が
電撃的に解任され、

政治生命さえ危うい状況に追い込まれた。

周辺の不祥事から
“標的”を射抜くのは、

党大会が近付く度に、
過去に何度も繰り返されてきた
党内権力闘争の手法だ。


 
1997年の第15回党大会を前にした
95年、
公金横領の疑いで取り調べを受けていた
北京市副市長が自殺した。

これをきっかけに公費流用など
組織ぐるみの汚職が表面化。

当時、同市トップだった陳希同党委書記が
党籍を剥奪された。

仕掛けたのは、

陳氏と“政敵”の関係にあった江沢民総書記
だったとされている。

 
2007年の
前回党大会を前にした06年には、

逆に江氏を中心とする「上海閥」が
攻撃を受けた。

社会保障基金をめぐる汚職事件で
解任された上海市の陳良宇党委書記は、

経済政策などをめぐって
胡錦濤総書記と対立していたとされる。

この時、
陳氏に手が伸びる足がかりとなったのは、
秘書の規律違反だった。






・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-03-18 04:55 | 権力 暴力装置 | Comments(0)