スキーにはまっています。


by 幸田 晋

80mの壁画実現?。「9の日打鐘」と「367回目の座り込み」(5月9日)

80mの壁画実現?。

「9の日打鐘」と

「367回目の座り込み」(5月9日)

ブログ「ここでトヨさん出番です!」
2012-05-10 11:38 より転載


毎月の9日は、

「長崎の鐘」を打ち鳴らし、

「反核座り込み」への参加など

定例行事が重なっている。

今年8月の原爆の日には、

昨年の「キッズゲルニカ」展示

(4日間)の実績を生かし、

長崎市役所も

一歩前進した取り組みを始めた。

小学校、中学校から各1校を選び

「キッズゲルニカ」を制作し、

原爆資料館近くの

専用スペースに展示することに成った。


初年度は、

上長崎小学校と

西浦上中学校の

児童、生徒の作品が

展示される予定である。



それに加えて、

もう一つ壮大な企画をしている。

爆心地横の

「下の川法面」を利用して

キッズゲルニカ10枚を連続展示する予定で、

9日に

河川課長以下の職員と現地調査した。

実現すると、

幅3.5メートル、

長さ約80メートルもの

巨大壁画となる。



世界の子どもたちの作品が

多くの人々に感動を与えるに違いない。


調査結果は上々であった。



次いで、11時02分には、

手帳友の会による「平和の鐘打鐘」、

平和祈念館での「慰霊祭」。



再度平和公園に戻って

12時15分からは、

「反核座り込み」に参加した。


通常日にも関わらず

170人もの参加者であった。



私からは、

5月23日の「国連合唱団」のチャリティ公演

( 18時〜ブリックホール)と、



5月27日の

「さよなら原発!佐賀集会」

(13時半〜どんどんどんの森公園)の


チラシを配布して、

参加を呼び掛けた。


長崎市議会議員 井原東洋一

by kuroki_kazuya | 2012-05-13 05:13 | 核 原子力 | Comments(0)