スキーにはまっています。


by 幸田 晋

浸水で電源喪失、6年前に想定=保安院、東電などと勉強会―抜本対策取られず

浸水で電源喪失、

6年前に想定=

保安院、東電などと勉強会


抜本対策取られず


時事通信
5月15日(火)20時9分配信より一部


東京電力福島第1原発事故で、

炉心損傷の直接の要因となった

津波による電源喪失について、

経済産業省
原子力安全・保安院が

2006年、

スマトラ沖地震による

大津波を機に

設けた勉強会で

可能性が指摘され、

東電側に検討を指示していた

ことが15日、分かった。


東電は

非常用海水ポンプの

水密化などを検討するにとどめており、

保安院の担当者は

「成果がフィードバックされていれば、

結果は違っていたかもしれない」

と話している。


 
保安院や

東電によると、

勉強会は06年1月、

スマトラ島沖地震(04年12月)

による大津波や、

米国の原発で起きた

配管破断による

水の流出に伴う機器の水没事故などを受け、

保安院が非公式に設置。







・・・・ 
by kuroki_kazuya | 2012-05-16 05:11 | 九電労組 | Comments(0)