スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<巨大地震>異常活動域、十数年前から近付く 台湾で解析

<巨大地震>
異常活動域、

十数年前から近付く 

台湾で解析


毎日新聞
5月24日(木)2時31分配信より一部

東日本大震災をもたらした

巨大地震の震源に向け、

異常な地震活動域が、

十数年前から近付いていたことが、

台湾国立中央大や

中部大などのチームの解析で分かった。

巨大地震発生の準備過程が進む
様子をとらえた可能性がある。

24日、

千葉市で開催されている

日本地球惑星科学連合大会で発表する。



 チームは、95年1月から大震災直前の11年2月末まで、東北沖の深さ60キロより浅い場所で起きたマグニチュード(M)2以上の地震を解析。この期間の1日当たりの平均地震発生率より地震が活発または静穏な異常領域(ホットスポット)の分布が時間経過とともにどう変化するのかを調べた。

 その結果、97年ごろから、宮城県沖の大震災の震源の真上(震央)付近を挟むように、周囲からホットスポットが近付いていく傾向がみられた。

 99年に台湾中部で2400人以上が死亡した地震(M7.7)などでも同様の傾向がみられた。

 


・・・・

【八田浩輔】
by kuroki_kazuya | 2012-05-24 04:47 | 地震 大災害 | Comments(0)