スキーにはまっています。


by 幸田 晋

9条改正めぐり賛否=各党が見解、集団的自衛権も論議―衆院憲法審

9条改正めぐり賛否=

各党が見解、

集団的自衛権も論議―

衆院憲法審


時事通信
5月31日(木)17時41分配信より一部

衆院憲法審査会は

31日、

国会内で

「戦争の放棄」を定めた

憲法9条の改正などについて議論した。



自民党の中谷元氏は

「国家の自衛権は国連憲章で認められている」と述べ、

9条改正を通じて

集団的自衛権の行使を認めるべきだと主張。

これに対し、公明、共産、社民各党は

「平和憲法はアジア諸国の共通財産だ」

(共産党の笠井亮氏)などと改正への慎重論を展開した。
 

 

・・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<衆院憲法審査会>

9条改正、

各党割れる


毎日新聞
5月31日(木)21時31分配信より一部


衆院憲法審査会は

31日、

現行憲法を各章ごとに議論する

2回目の審査を行った。

この日は

第9条だけで構成される

第2章「戦争の放棄」がテーマで、

与野党7党が意見を表明。


第1党の民主党は改正の賛否を明らかにせず、

自民党と新党きづなが

自衛隊を「軍」として明記するよう訴え、

みんなの党も改正の検討が必要とした。


一方、

公明、共産、社民の3党は改正に反対した。
 



・・・・




 
自民党は
4月発表の改憲草案を引きながら

「自衛隊を『国防軍』に位置付け、

集団的自衛権の行使を認める」と主張。

新党きづな も同調した。

みんなの党は

「防衛に関する法的正統性が

内閣法制局の憲法解釈に基づくことは好ましくない」として、

9条改正か、

安全保障基本法の制定を目指すべきだとした。



 
一方、公明党は

「9条は今のままでよい。

理念、精神を世界に広げる責任が日本にはある」と反論。

共産党は

「9条は憲法の神髄だ」と訴え、

社民党も

「条文はいささかも変更してはいけない」と主張した。

 





・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-06-01 04:36 | 憲法 | Comments(0)