スキーにはまっています。


by 幸田 晋

福島第1原発2号機5階で毎時880ミリシーベルト

福島第1原発2号機

5階で

毎時880ミリシーベルト


産経新聞
6月13日(水)20時16分配信より一部

 
東京電力は13日、

福島第1原発2号機の

原子炉建屋内部をロボットを使って調査し、

5階の原子炉の真上にあたる

コンクリート床付近で、

毎時880ミリシーベルトの放射線量を

計測したと発表した。

作業員の5年間の
被曝線量上限にあたる

100ミリシーベルトに約7分間で達する値で、


東電は
「5階に人が立ち入っての作業は困難」
とみている。


建屋内に目立った損傷はなかったという。

 
国産の

災害対策支援ロボット「クインス」

の改良型が、

5階まで自走して測定した。


今回、

最高値を計測した場所の

コンクリート床の厚さは

約2メートルで、

格納容器の上端から

約3・5メートル離れているという。



 


・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-06-15 04:56 | 核 原子力 | Comments(0)