スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<TPP交渉>守秘義務で情報入らず 農業関係者いらだち

<TPP交渉>
守秘義務で
情報入らず 

農業関係者いらだち


毎日新聞
7月25日(木)0時52分配信より一部

【コタキナバル(マレーシア)大久保陽一、中井正裕】

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉では、
農産物の関税問題が最大の焦点の一つとなる。

日本の参加について集中討議した24日の会合で
政府は「『重要5品目』を関税撤廃の例外扱いにする」との方針を伝えた。

ただ、先行11カ国は日本に対し、
関税の原則撤廃など
「高い水準の自由化」を目指してきたこれまでの交渉内容を説明。

重要農産品に位置付けるコメなどの
関税を守れるかの攻防はこれからだ。

 
政府はこの日、交渉会合の会場となっているホテルで、
農協(JA)グループなどの農業団体や経団連、連合などの
関係者約40人を対象に、
交渉の現状を伝える非公開の説明会を開いた。

 
出席者によると、
TPP政府対策本部の渋谷和久審議官が
冒頭「(交渉内容について)守秘義務があるため、
政府の情報発信は限定的になる」と発言。

交渉の中身は一切知らされなかった。

23日の交渉合流の直前、
協議内容について、
秘密を守る契約に
日本政府が署名したためだ。






・・・・(中略)







会合での発言が公開されない一方、
「日本が聖域を求めれば、TPPの合意は難しくなる」(オーストラリアの農業者団体幹部)

「日本の立場を理解はする。ただ、将来的には撤廃することになるのではないか」
(全米商工会議所のキャサリーン・メラー課長)など、

海外の農業関係者からの厳しい声は絶えない。

農業団体関係者は
「今後の展開が読めない。
本当に重要5品目の聖域を確保できるのだろうか」
(日本養豚協会の遠藤啓介副会長)
との不安を募らせる。

by kuroki_kazuya | 2013-07-25 06:37 | 対米 従属 | Comments(0)