スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<米軍ヘリ墜落>「もしも街中だったら」県民から怒りの声

<米軍ヘリ墜落>
「もしも街中だったら」
県民から怒りの声


毎日新聞
8月5日(月)20時20分配信より一部

「沖縄の空がいかに危険か改めて証明された」。
沖縄県宜野座村の
キャンプ・ハンセンで5日起きた
米軍ヘリの墜落事故。


現場の演習場は住宅地から数キロしか離れておらず、
住民は口々に不安を語った。

事故は折しも、
米軍が垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの
普天間飛行場(同県宜野湾市)への追加配備を
強行する最中に起きた。


「この上オスプレイの配備を進めていくことは許されない」。
県民からは怒りの声が上がった。






・・・・(中略)








介護のため
同村惣慶(そけい)の実家に住む
父親(96)を訪ねていた
沖縄県名護市の主婦(64)も
山から上がる黒煙を見た。

「山火事ではないか」。
実家前の道路は
実弾訓練を実施する基地内に通じている。

この日午後6時前のニュース速報で
ヘリが墜落したと知り

「命あって良かった。
もしも街中だったら……」
と息をのんだ。






・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2013-08-06 06:57 | 対米 従属 | Comments(0)