スキーにはまっています。


by 幸田 晋

「多大の負担」をおわび=電力3社の社長

「多大の負担」
をおわび=
電力3社の社長


時事通信
8月6日(火)21時1分配信より一部

家庭用電気料金の値上げを認可された
北海道、東北、四国の
電力3社の社長は
6日午後、
それぞれ地元で記者会見し、

「多大な負担をお願いすることを深くおわびする」
(東北電の海輪誠社長)などと陳謝した。


また悪化した経営状態を説明、
値上げへの理解を重ねて求めた。

北海道電の川合克彦社長と
四国電の千葉昭社長は

原発停止が一段と長期化した場合に
再値上げを迫られる可能性にも触れた。


 



・・・・(中略)





 
9月からの値上げ実施決定を踏まえ、
東北電と四国電は2014年3月期の連結業績予想を一部公表。

売上高を東北電が
前期比12.1%増の2兆100億円、

四国電が12.2%増の6300億円と見込んだが、


損益予想はともに引き続き未定とした。

四国電は13年9月中間期の連結業績予想で、
経常損益の赤字が140億円(前年同期は196億円の赤字)に縮小するとの見通しも示した。 
by kuroki_kazuya | 2013-08-07 06:15 | 九電労組 | Comments(0)