スキーにはまっています。


by 幸田 晋

東日本「大地震」再来を危ぶむ「GPS」解析者〈週刊新潮〉

東日本「大地震」
再来を危ぶむ
「GPS」解析者
〈週刊新潮〉


Book Cafe 矢来町ぐるり
9月13日(金)18時25分配信より一部

東日本大震災から2年半。
次は東南海地震だ、
いや東海地震だと

各メディアが囃し立てる中、

それに異論を唱える人がいる。
「環太平洋地殻変動解析」の代表、
八木下重義氏(49)は言う。

「東日本大震災は
3・11で終わったわけではなく、
むしろ続いているのです」


 地震学の専門家ではない氏は、まずこう説明する。

「国土地理院は地図製作のため、
GPSや準天頂衛星、
ロシア版GPS“グロナス”の電波を受信する
“電子基準点”を、
全国1265カ所に設置し、
その観測データを公開しています」


八木下氏は
17年前からデータを集積していたが、
これを3次元的に解析する方法を思いつき、

地殻プレートの
移動状況を調べるようになった。


「通常、日本列島は
フィリピン海プレートや太平洋プレートに押されて、
年に3~4センチ西に移動していますが、
その移動方向と距離が狂うと、地震が発生することがわかった」

 そして、東日本大震災。

「発生の約1年前から
東日本の西への動きが強まり、
半年前には
急に、逆の東へと動き始めた。
危ない、と思いました」



沈み込む太平洋プレートに、
本州北部が乗る北米プレートが固着して、
東へと引きずられていた、
と八木下氏は判断したのだ。

そのパワーが解放されたときに
悲劇は起こった。

結果、
日本列島は東に8メートルも移動して
しまったのだが、

驚いたことに、
東日本は
震災後も東に動いている、という。


「移動は止まらず、
この2年で
さらに3メートル、
東に動いています」


 
3・11と同様のメカニズムで、
今も宮城・福島県沖に
地震パワーがためこまれつつある、
大震災の再来はある、
と氏は見るのだ。







・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2013-09-15 06:53 | 地震 大災害 | Comments(0)