スキーにはまっています。


by 幸田 晋

米水爆、事故で爆発寸前に=61年、広島型の260倍―英紙

米水爆、
事故で
爆発寸前に=
61年、
広島型の260倍―
英紙


時事通信
9月21日(土)11時10分配信より一部

【ロンドン時事】

米ノースカロライナ州で
1961年、
B52爆撃機から
落下した水素爆弾が
爆発寸前に至る事故が
起きていたことが、

情報公開法により
米ジャーナリストが入手した
機密文書で明らかになった。


英紙ガーディアン(電子版)が20日伝えた。


この水爆は
広島型原爆260個分に当たる
4メガトンの威力があり、

実際に爆発すれば、
死の灰が
首都ワシントン、フィラデルフィア、ニューヨークなど
大都市まで及び、
数百万人の命が
危険にさらされた可能性があったという。


報告書は、
エネルギー省が管轄する
サンディア国立研究所の
核兵器の安全管理を専門とする技術者が
事故の8年後に作成。







・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2013-09-22 06:55 | 軍事 | Comments(0)