スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<元裁判員ストレス障害>「心身に大きな傷」国賠訴訟で陳述

<元裁判員ストレス障害>
「心身に大きな傷」
国賠訴訟で陳述


毎日新聞
9月24日(火)20時59分配信より一部

福島地裁郡山支部で強盗殺人事件の裁判員を務めた後、
「急性ストレス障害(ASD)」と診断された
元介護士の青木日富美(ひふみ)さん(63)=福島県郡山市=が

慰謝料など200万円を求めた
国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が24日、福島地裁であった。

青木さんは「裁判員になって心身に大きな傷を負いました」と陳述。

閉廷後、
提訴して初の記者会見に臨み、
「この苦しみは、やった人でないと分かりません」
と訴えた。


青木さんは「私は悪いことをしているわけではない」と、
公の場での陳述や実名を公表しての記者会見に踏み切った。





・・・・(中略)





記者会見で、青木さんは

「何の関わりもない(人が)刑を量るのは本当につらい。
こんな思いをするのは私で最後にしてほしい」
と話した。

代理人の織田信夫弁護士は

「最高裁が推し進める裁判員制度が
おかしいと訴えなければならない極めて特異な裁判。
正直、(裁判所を)どこまで信用できるか」
と審理の行方を案じた。

 
訴状で青木さんは、
ASDは今年3月の裁判員裁判の
証拠調べで見た遺体の写真などが原因と主張。

裁判員法が、
苦役からの自由を保障した憲法18条や、
個人の尊厳を認める同13条などに
反すると訴えている。

by kuroki_kazuya | 2013-09-25 05:46 | 財政 | Comments(0)