スキーにはまっています。


by 幸田 晋

細かながれき、今も=核燃料プールに取り出し機―福島第1原発4号機  など記事

細かながれき、今も

=核燃料プールに取り出し機
―福島第1原発4号機


時事通信 11月6日(水)20時15分配信より一部

プールに沈む核燃料の上に、
コンクリート片のような
細かながれきが散らばっていた。

燃料1533体の
取り出しを前に、

東京電力が6日公開した
福島第1原発4号機。


原子炉建屋5階の
使用済み燃料プールには、

橋を架けるように
緑色の新しい燃料取り出し機が設置されていた。

 
報道陣は
大破した4号機建屋を覆うカバーに設置されたゴンドラで5階に上がった。

水を張った縦横約10メートルのプールと、
事故当時は検査中で空だった原子炉が並んで口を開けている。

水素爆発で散らばった
大きながれきは撤去され、

プールには水中で核燃料を輸送容器に移す取り出し機が、

天井には容器を30メートル下の1階に降ろす
巨大クレーンが取り付けられていた。


・・・・(後略)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

燃料取り出し準備整う
…4号機を報道陣に公開


読売新聞 11月6日(水)21時5分配信より一部

福島第一原子力発電所4号機の
使用済み核燃料プールから
燃料集合体1533本を取り出す作業が

今月中に始まるのを前に、
東京電力は6日、
4号機の原子炉建屋内を報道陣に公開した。

 
事故時の水素爆発で
建屋上部が吹き飛び、
鉄骨がむき出しになった
4号機の建屋は


約4200トンの鉄骨を使ったカバーできれいに覆われていた。


・・・・(中略)


燃料の本格的な取り出しは事故後初めてとなり、

最長40年かかるといわれる
廃炉工程は
最初の大きな節目を迎える。


同原発の小野明所長は
「燃料取り出しが廃炉のスタートだ。少しずつ作業環境を改善していきたい」と話した。
by kuroki_kazuya | 2013-11-07 06:45 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)