スキーにはまっています。


by 幸田 晋

軍事ロボット、開発進む=戦争の敷居下げる危険も―米

軍事ロボット、
開発進む
=戦争の敷居下げる危険も
―米


時事通信 12月29日(日)18時15分配信より一部

 【ワシントン時事】

米国で無人兵器の開発が着々と進んでいる。

兵士の遠隔操作で暗殺作戦に当たる
無人機は既に広く運用されているが、
米軍は人間から大枠の命令を受けただけで行動できる
自律型兵器の実戦投入を目標に据える。

一定の自律機能を備えた無人機は既に存在しており、
専門家の間では「殺人ロボット(LAR)」の出現を
懸念する声も上がっている。


「海軍の飛行士は常に運用・戦術上の革新の最前線に立ってきた。今日も例外ではない」。

メイバス海軍長官は今年7月、
実証試験用の無人ステルス攻撃機「X47B」が、
人間の手を借りずに空母に無事着艦したことに喜びをあらわにした。

 
X47Bは、空母などとデータをやりとりしつつ、自動操縦で発着艦する。
移動先や任務については人間が指令を出すため、完全自律型とは言えないが、
着艦という極めて複雑な操作すらコンピューターが代行できることを示した。

海軍は2019年までに、X47Bを基に艦載型の無人攻撃機を開発し、1飛行隊を配備することを目指す。
 
陸上でも、無人兵器の活躍の場は広がろうとしている。

米IT大手グーグル傘下の企業が国防高等研究計画局(DARPA)の資金提供を受けて開発中の「LS3」は、ロバ型荷物運搬ロボット。

山岳など未整備の地形で友軍兵を自動追尾し、
連続で24時間稼働できる。

同社はまた、原発事故などの災害現場で活動する
人間型ロボット「アトラス」の開発も
DARPAの資金で進めている。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2013-12-30 06:16 | Comments(0)