スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<衆院予算委員会>首相「日米密約」存在否定は誤りと表明

<衆院予算委員会>
首相
「日米密約」
存在否定は
誤りと表明


毎日新聞 1月31日(金)22時19分配信より一部

安倍晋三首相は
31日の衆院予算委員会で、
核兵器の持ち込みに関する
日米密約について

「ずっと国民に示さずにきたことは間違いだった」と述べ、

自民党政権が存在を否定し続けたのは
誤りだったとした。


密約に関して
自民党の首相が
国会答弁で
非を認めたのは初めて。


首相は密約に関する政府見解をまとめる考えも表明した。
民主党の岡田克也前副総理の質問に答えた。

 
密約は核を積んだ米艦船の寄港や領海通過を日米の事前協議の対象外にするとの内容。
民主党政権下で外相だった岡田氏は密約の調査を主導、
2010年に外務省の有識者委員会が検証の結果「広義の密約があった」と結論付けていた。

 
岡田氏は「きちんと政府でけじめを付ける必要がある。
(自民党の歴代首相が)明らかに違うことを言ってきたことについて、内閣の見解を出すべきだ」と追及。
首相は「政府としてどう考えているか示したい」と見解をまとめる考えを示した。

特定秘密保護法の審議では、
政府の隠蔽(いんぺい)体質批判が
出たことから、
こうした批判を和らげる狙い
があったとみられる。




・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-02-01 06:53 | 対米 従属 | Comments(0)