スキーにはまっています。


by 幸田 晋

2・26事件:憲兵幹部「機密日誌」に戒厳司令部との攻防

2・26事件:

憲兵幹部
「機密日誌」に
戒厳司令部との攻防


毎日新聞 2014年02月25日09時27分より一部

◇生々しく記録、研究史の空白埋め得る1次史料

日本近現代史上、最大のクーデター未遂となった
1936年の2・26事件で、
事態収拾に奔走した憲兵司令部幹部の
「機密日誌」が見つかった。

反乱将校を自殺させようとする戒厳司令部と、
証人として身柄を確保しようとする憲兵側との
攻防が生々しく記されている。

憲兵幹部が記した史料は
ほとんど知られておらず、
研究史の空白を埋め得る1次史料だ。

見つかったのは憲兵司令部の総務部長で、
司令官代行だった矢野機(はかる)・陸軍少将
(1887〜1992年)の「戒厳機密日誌」。

陸軍けい紙9枚に、
事件が起きた2月26日から、
28日を除く3月2日まで記されている。


事件発生後、
陸軍内部では穏便に決着させようとする長老らと、
鎮圧を主張する強硬派が対立。
矢野は自殺させず逮捕するために、
陸軍省と参謀本部高官の間を奔走した。



・・・(途中略)



「日誌」は、
ほかの史料などおよそ70件とともに
千葉県習志野市の酒屋「張替酒店」で
昨年秋に見つかった。

同店は1905年創業で、
軍人との交流が深かった。
矢野は千葉県出身で地元に縁があった。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-02-26 06:07 | 軍事 | Comments(0)