スキーにはまっています。


by 幸田 晋

[多国籍軍への支援]憲法9条が泣いている

[多国籍軍への支援]
憲法9条が泣いている


沖縄タイムス 社説 2014年5月11日 05:30より一部

安倍政権が
国連決議に基づく多国籍軍に対し、
自衛隊の支援活動を拡大することを検討している。

いわゆる「集団安全保障」
と呼ばれる枠組みだ。


集団的自衛権の
行使容認に向けた動きと平行して進められているが、
これも、
やはり憲法解釈を変更して行おうとしている。


戦後、日本が積み上げてきた
海外で武力行使をしないという
平和主義の証しを
一内閣の判断で
ひっくり返そうとしている。
到底認めるわけにはいかない。


戦闘中の他国部隊に対し、
燃料や水・食糧を補給したり、医療支援したりすることを可能とする内容である。

今週にも公表される
安倍晋三首相の私的諮問機関
「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」
(安保法制懇)の
報告書や、
それを受けて出す「政府方針」に
検討課題として提起する方針のようだ。


これらの活動は、
憲法9条が禁じる
「他国の武力行使との一体化」に当たるとして制限されてきた。

有事では
戦闘行為と
後方支援の
線引きができないのは常識である。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-05-12 06:25 | 憲法 | Comments(0)