スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<大飯原発運転差し止め>福井地裁判決、再稼働判断に影響も

<大飯原発運転差し止め>
福井地裁判決、

再稼働判断に影響も


毎日新聞 5月21日(水)23時20分配信より一部

◇福井地裁判決、大飯原発運転差し止め判決

原子力規制委員会では、
田中俊一委員長の定例記者会見中に判決の一報が入った。

田中委員長は
「司法の判断について申し上げることはない。
従来通り、我々の考え方で審査をしていく」と述べ、
判決とは別に大飯原発の安全審査を続ける意向を明らかにした。


・・・(後略)


関電による大飯原発の地震想定の甘さは、
規制委の安全審査でも指摘されてきた。


関電は2013年7月の申請当初、
大飯原発の基準地震動を福島原発事故前と同じ「700ガル」とした。

だが規制委は、
関電が大飯原発の震源の深さを
他の原発よりも深い「4キロ」としたことを問題視し、
3キロにするよう求めた。

また、北海道や鳥取県で起きた、
より大きなタイプの地震を新たに考慮することも要求した。

再稼働を急ぎたい関電は
規制委の指摘を受け入れざるを得ず、
今年5月、
基準地震動を856ガルに引き上げたが、

規制委は
「大飯は震源が近いため、
さらに余裕を保つ必要がある」として、
いまだに了承していない。

by kuroki_kazuya | 2014-05-22 06:16 | 九電労組 | Comments(0)