スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<天皇、皇后両陛下>田中正造の直訴状鑑賞

<天皇、皇后両陛下>
田中正造の
直訴状鑑賞


毎日新聞 5月21日(水)19時21分配信より一部

天皇、皇后両陛下は21日、
足尾鉱毒事件の対策として設けられた
渡良瀬(わたらせ)遊水地(栃木市など)を訪れた。


同事件を巡っては、
1901(明治34)年に当時の衆院議員の田中正造が
明治天皇に鉱毒被害を訴えようと、直訴状を手渡そうとした歴史がある。

天皇陛下は正造の資料が残る
佐野市郷土博物館(同県)も訪れ、
訂正印の入った直訴状を見ながら
「この赤いのが訂正ね」などと話したり、
麦畑が鉱毒で汚染されている写真などに見入ったりした。


・・・(中略)


「ここに沈んだ谷中村の悲劇を忘れないでほしい」

そう話すのは、地元の郷土史家の古沢満明さん(80)だ。
古沢さんは鉱毒事件当時の谷中村村長のひ孫にあたる。

廃村後、村人は
栃木、茨城、新潟などに移住。
一部は北海道にも移ったという。


両陛下はこの日、強い風雨の中、
ヨシの生育状況を見て回るなどした。

古沢さんは
「両陛下が来られたことで渡良瀬遊水地が注目されることは大変うれしい。
多くの人に歴史を知ってもらいたい」と力を込めた。
by kuroki_kazuya | 2014-05-22 06:35 | 環境 | Comments(0)