スキーにはまっています。


by 幸田 晋

視察ラッシュはお手盛り「海外旅行」? 集中審議終了で与野党“夏休み”

視察ラッシュは
お手盛り「海外旅行」? 

集中審議終了で
与野党“夏休み”


産経新聞 7月16日(水)7時55分配信より一部

安全保障政策などをめぐる
衆参両院予算委員会の集中審議が15日に終わり、
与野党は夏の政治休戦に入った。

これに伴い始まったのが
衆参両院による海外視察ラッシュ。

集中審議などで火花を散らした与野党議員だが、
その姿は「呉越同舟」。

目的が不明瞭な視察も多く、
相変わらずお手盛りの「海外旅行」との
批判を浴びかねない。


「各党各会派に広く議論いただき、国民的な議論を深めていく必要がある」

安倍晋三首相は15日の参院予算委員会集中審議で、
集団的自衛権の行使を容認した閣議決定に関し、
さらなる国会審議を求めた野党にこう答えた。

だが、政府・与党は
9月29日で調整中の臨時国会の召集まで
「突発的な事案がない限り集中審議などに応じるつもりはない」
(自民党国対幹部)のが本音。
首相は7月下旬から9月末まで少なくとも3回外遊を予定しており、
9月上旬には内閣改造・自民党役員人事も控えている。
8月には10日間程度の夏休みを取り人事構想を練る考えで、
国会審議を入れる余裕はない。

実際、国会も衆参両院の予算委での集中審議が終了し、
事実上の夏休みモードが漂う。

同時に、衆参両院による議員の海外派遣は活発化し、
7~8月までの間の海外視察は、
15日現在で視察済みを含め
衆院で96人、参院で31人に上る。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-07-17 05:55 | オンブズマン | Comments(0)