スキーにはまっています。


by 幸田 晋

オスプレイ佐賀空港移駐案 見送り報道に戸惑い

オスプレイ
佐賀空港移駐案 
見送り報道に戸惑い


佐賀新聞 2014年08月10日 10時01分より一部

防衛省が
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に
配備された新型輸送機オスプレイの
佐賀空港への暫定移駐案を
当面見送る方針を固めたとの報道を受け、

佐賀県や県議会、漁協関係者に
「正式な話はない」
「米軍と事前調整していなかったのか」などと
戸惑いが広がっている。


一方、
自衛隊のオスプレイ配備方針に変更はなく
「空港の軍事共用という本質的な問題に何ら変わりない」
との声も上がる。

県は、
米軍が暫定移駐に難色を示しているとの報道があった8日、
九州防衛局に事実関係を確認したが
明確な回答はなかった。

県幹部は
9日の「当面見送り」との報道に
「まだ正式に話を聞いたわけではない」とした上で、
「県側から、どうこう言う話ではなく、政府の動きを注視したい」と、
静観する姿勢を示した。


・・・(中略)


普天間飛行場の移設先とされる
名護市の稲嶺進市長は

「もともと、米側はオスプレイを移転させる意向はなかったはずだし、
政府もこれまでオスプレイの運用について日本は口出しできないと言い続けてきたはずだ」と指摘。

「それなのに突然、付け焼き刃のように他県に持っていくという話になった。
県知事選を前に、
仲井真知事の影響力につなげたいとの思惑があったのだろうが、
あまりに稚拙すぎてみっともない」と語った。
(沖縄タイムス提供)
by kuroki_kazuya | 2014-08-11 06:06 | 対米 従属 | Comments(0)