スキーにはまっています。


by 幸田 晋

国会議員の海外視察 1人180万円の予算上限意識した計画多い

国会議員の海外視察 
1人180万円の
予算上限意識した
計画多い


※週刊ポスト2014年8月29日号 8月18日(月)16時6分配信より一部

映画『ローマの休日』で、
グレゴリー・ペック演じる新聞記者のジョーが、
オードリー・ヘプバーン扮するアン王女の前で
手を入れたことであまりにも有名な「真実の口」。

7月中旬、そこに右手を入れる自身の写真を
フェイスブックにアップしたのは、自民党の石井準一・参議院議員だ。
 

・・・(中略)

 
この夏は、そんな安倍首相に続けとばかり多くの国会議員が海外視察へと旅立った。
国会閉会後からこの8月にかけて衆参合わせて107人が視察に参加。
衆院は基本的に委員会ごとに理事が中心となった数人のチームで
(一部は国会対策担当議員などで「班」を編成)、
参院はテーマごとに議員団が編成されて派遣されている。
 
予算は衆院の場合で「1人180万円」が上限とされており、
それを超えた分は議員本人が負担することになっている。
概ね1週間前後のヨーロッパ旅行で
往復の航空券と宿泊費などを合わせて
1人あたり150万~160万円前後の費用がかかっている。
明らかに税金で払われる上限を意識した計画だ。

 
飛行機の座席はビジネスクラス。
数年前までファーストクラスだったが「贅沢すぎる」との批判が出て
ビジネスが基本となった(議長・副議長はファーストクラス)。
 
国会議員の視察は、
これまでにも「単なる観光旅行ではないか」
「税金の無駄遣いだ」という批判がたびたびあった。
 
2010年には、中塚一宏・代議士(現在は落選中)が
ドイツやギリシャなどを視察した際、
妻子と現地で合流した上で日本大使館が手配したバスに同乗させ、
一緒に観光していた事実が判明。
中塚氏は「妻子の旅行代金は私費」と説明したが、
議員にとって海外視察は“ご褒美旅行”程度のものであることが露呈した。
 

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-08-19 06:05 | オンブズマン | Comments(0)