スキーにはまっています。


by 幸田 晋

産科医不足、福島など9県で「危機的状況」

産科医不足、

福島など
9県で
「危機的状況」


読売新聞 9月20日(土)19時41分配信より一部

当直回数が多く、
成り手が不足している
産科医について、


都道府県間で最大2倍程度、
産科医数に格差が生じていることが
日本産科婦人科学会などの初の大規模調査で分かった。

福島、千葉など9県では、
35歳未満の若手医師の割合も低く、
将来的な見通しも立たない
危機的状況にあると報告されている。

全国9702人の産科医の
年齢(今年3月末時点)や、
昨年の出産件数などを調べた。

人口10万人当たりの産科医数は、
茨城が4・8人で最も少なく、
最も多い東京と沖縄の11・1人と倍以上の開きがあった。

また調査では、
35歳未満の割合、
産科医1人当たりの出産件数など6項目で全体的な状況を見た。

福島、千葉、岐阜、和歌山、広島、山口、香川、熊本、大分の9県は
6項目全てが
全国平均よりも悪く、
「今後も早急な改善が難しいと推測される」とされた。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-09-21 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)