スキーにはまっています。


by 幸田 晋

大学への脅迫 看過できない卑劣さ

大学への脅迫 

看過できない卑劣さ


毎日新聞 社説 2014年10月03日 02時40分より一部

元朝日新聞記者が教授を務める
帝塚山学院大学(大阪狭山市)と、

別の元朝日記者が
非常勤講師を務める
北星学園大学(札幌市)に、

それぞれの退職を要求する
脅迫があった。


「学生に痛い目に遭ってもらう」 「大学を爆破する」

応じなければ学生に危害を加えるという趣旨で、
帝塚山学院大の元記者は教授を辞職した。
大阪府警と北海道警が威力業務妨害容疑で捜査している。

2人の元記者はかつて慰安婦報道に関わっていた。

教授は朝鮮が日本の植民地だった戦争中、
済州島で「慰安婦狩り」を行ったという吉田清治氏(故人)の証言を初めて報じたとされた。
朝日新聞は、8月の自社報道点検で
この「吉田証言」を虚偽と判断し、記事を取り消した。
しかし9月末に、
初報を執筆したのは教授ではなく別の記者だったと訂正した
経緯がある。

また非常勤講師は
元慰安婦の証言を初めて報道した。
元慰安婦の裁判を支援する団体の幹部である韓国人の義母に便宜を図ってもらい、
都合の悪い事実を隠したとの批判が寄せられていたが、
報道点検は事実のねじ曲げはなかったと結論づけた。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-04 06:33 | 反動 | Comments(0)