スキーにはまっています。


by 幸田 晋

リニア新幹線認可 大量電力・地下水・残土問題抱え

リニア新幹線認可 

大量電力・地下水・残土
問題抱え


東京新聞 2014年10月17日 夕刊より一部

国土交通省は十七日、
JR東海が東京・品川-名古屋間で
二〇二七年開業を目指すリ
ニア中央新幹線の工事実施計画を認可した。

手続き上の「着工」となり、
同社は沿線住民への説明会や工事の入札を経て、
年明けにも本格工事に着手する。

高速鉄道の
巨大建設プロジェクトが動き始めるが、
採算性や大量の電力消費、
長いトンネルが地下水に与える影響
など環境面の懸念も指摘されている。 


超電導のリニア方式を高速鉄道に導入するのは世界で初めて。
総延長二八五・六キロの86%がトンネルで、
品川、名古屋両駅も地下になる。

中間駅は各県一駅で相模原市、甲府市、長野県飯田市、岐阜県中津川市を予定。

品川-名古屋を最短約四十分で結び、
東海道新幹線「のぞみ」より
約一時間短縮される。


総工費は
当初見込みから九百三十五億円増え
、五兆五千二百三十五億円。


名古屋-大阪間は約三兆六千億円で四五年の開業を目指す。

太田昭宏国交相から認可書を受け取った柘植康英(つげこうえい)社長は
「環境保全や工事の安全、地域の連携を重視して早期実現に向けて全力で取り組む」と述べた。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-10-18 05:55 | 環境 | Comments(0)