スキーにはまっています。


by 幸田 晋

高知県の明神水産の会長が三陸の漁場では操業しないと主張

高知県の
明神水産の会長が

三陸の漁場では
操業しないと主張


高知新聞 2014年10月20日08時33分より一部

カツオ船団では
高知県内一の規模を誇る明神水産
(高知県幡多郡黒潮町佐賀)の会長、
明神照男さん(78)が

最近、
「福島の海が危ない。今後、基本的に三陸の漁場では操業しない」との主張を強めている。

脱原発を訴える講演会に足を運び、
「残念なけんど、もう福島で漁業はできんと思う」とも語った。

決断は、
東京電力福島第1原発の事故による
海洋汚染だという。


明神さんが漁を始めた1950年代、
米国は太平洋のマーシャル諸島周辺で核実験を繰り返し、
高知県の漁船も多数被ばくした。

そんな経験もあって判断した、と。
明神さんの率直な思いに耳を傾けた。


・・・(中略)


■ビキニを経験
 
―主に放射能の危険があるから、と?
 
「ビキニ、広島、長崎と放射能の恐ろしさは分かっちょった。
昔、佐賀から(室戸市船籍の)第二幸成丸に6人乗ってビキニの沖で操業しちょったわけよ。
そのうち3人は(自分が)かわいがってもらった先輩やった。
5歳くらい上で、こんまいときから悪いことしの仲間よ。3人は60、70代で亡くなっちゅう」

「3人が本当にビキニ被ばくが原因で死んだかは分からん。
けんど、放射線を浴びた人はよ、がんの死亡率が高うなるがやき。
それはビキニで分かっちょることやき」

「第五福竜丸以外の船で被ばくの影響があったというのは、私も20年くらい前まで知らざった。
今は知っちゅう。そこに福島の原発事故。
汚染水が海に漏れたことは、東電も認めちゅう。
そういう問題があるときに、船員を船に乗せよる立場の人はよ、ここ(三陸)の海に行かすことはできん」

◆福島第1原発の汚染水漏えい問題◆
 
2013年8月、「H4」と呼ばれるタンク群のうち1基から約300トンの汚染水漏れが判明。

ストロンチウムなどの放射性物質が1リットル当たり8千万ベクレルという高濃度で検出された。
一部は排水溝を通じ、海に流れ出たとみられる。国際的な事故評価尺度の暫定評価は「レベル3」。

明神照男会長(みょうじん・てるお) 
1935年、旧幡多郡佐賀町生まれ。
73年に明神水産社長。
2000年から会長。


明神水産は
関連会社も含め、カツオ船を8隻所有。

「第83佐賀明神丸」(149トン)は昨年、漁獲量約2千トン、漁獲高約6億円を記録し、
20トン以上の近海一本釣り船として日本一になった。

1991年から黒潮町議を務め、現在7期目。
by kuroki_kazuya | 2014-10-21 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)