スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<沖縄知事選>県民の選択ぶれず 移設反対「心一つ」

<沖縄知事選>
県民の選択ぶれず 
移設反対「心一つ」


毎日新聞 11月17日(月)0時49分配信より一部

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
名護市辺野古への県内移設に、
沖縄県民は「ノー」を突きつけた。


16日投開票された沖縄県知事選は
「辺野古に新基地は絶対に造らせない」と訴えた
前那覇市長の翁長雄志(おなが・たけし)さん(64)が初当選した。

普天間飛行場移設を争点にした5回目の知事選で、
県民は初めて
県内移設反対を明言した候補を選んだ。

基地と経済振興に揺れてきた県民は
「オール沖縄」に向けた一歩をしるした。

「当選確実」の速報に、
那覇市の翁長さんの陣営事務所は大勢の支援者の指笛と拍手に沸いた。

支持者と共に沖縄の手踊り「カチャーシー」で勝利を祝った翁長さんは
「県民のために党利党略を乗り越えて心を一つにできたのが大きかった。
基地問題でも心を一つにして日米両政府にぶつかっていきたい」と決意を述べた。

8月にボーリング調査を始めるなど
辺野古移設を進める政府に
タッグを組んで対峙(たいじ)する名護市の稲嶺進市長も駆け付け、
翁長さんと固い握手。

稲嶺市長は
「知事と主張が異なり厳しい状況もあったが、
これからは『辺野古移設反対が沖縄の声だ』と世界に届けたい」と満面の笑みで語った。

かつて自民党県連幹事長を務め、
辺野古移設を容認したが、
2009年の民主党政権誕生を機に県外移設を訴えた。

米兵事件への抗議や県内移設反対の県民大会には
革新主導でも壇上に立った。

12年9月、
米軍のオスプレイ配備に反対する超党派の県民大会で共同代表に。

13年1月には
県内全41市町村の首長が署名した
県内移設断念を求める建白書を政府に提出し「オール沖縄」をリードした。


・・・(中略)


国土面積の0.6%の沖縄に
全国の74%の米軍専用施設が
集中する現状に

「日本の国も変わっていただき、日本国民全体で安全保障を考え、負担をしてもらいたい。
0.6%の沖縄にこんなに押しつけてはいけませんと申し上げたい」と述べた。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-11-17 06:56 | 対米 従属 | Comments(0)