スキーにはまっています。


by 幸田 晋

柏崎原発、71%「廃炉求める」

柏崎原発、
71%「廃炉求める」


新潟日報 2014/12/04 09:13より一部

県内世論調査

14日投開票の第47回衆院選に向け、
新潟日報社は2、3の両日、
県内6小選挙区を対象とした世論調査を行い、
公示直後の序盤情勢を探った。
 
東京電力福島第1原発事故の影響で
全7基が停止中の東電柏崎刈羽原発の
今後については、

「再稼働させず、すぐに廃炉にする」との回答が
36・6%で最も多かった。

「再稼働させるが、将来的には廃炉にする」との回答も
34・6%あり、

廃炉を求める脱原発志向の回答が
合わせて71・2%に上った。

脱原発志向の回答は、
2012年12月の衆院選時の世論調査で計79・7%、
13年7月の参院選時では計88・0%だった。

今回は「将来は廃炉」との回答が16ポイント減ったため、
脱原発志向の割合も大幅減となった。

「分からない」との回答が18・4%で
13年時から14・5ポイント増えており、

原子力規制委員会の審査が本格化するなど
原発再稼働が現実味を帯びる中、
有権者が判断に迷っている様子が浮かび上がった。

一方、「再稼働させ、使い続ける」との回答は10・3%と
13年調査時(8・1%)から微増だった。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-12-05 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)