スキーにはまっています。


by 幸田 晋

中間貯蔵施設 大熊町が受け入れ方針決定

中間貯蔵施設
大熊町が
受け入れ方針決定


NHK 12月12日 14時59分より一部

福島県内の除染で出た土などを
保管する中間貯蔵施設について
建設候補地となっている福島県の
2つの町のうち大熊町は、
12日、建設を受け入れる方針を決めました。
候補地の自治体が受け入れを決めたのは初めてです。

政府は
福島県の双葉町と大熊町の
およそ16平方キロメートルの土地に
福島県内の除染で出た土などを保管する
中間貯蔵施設を建設する計画で、
来年1月からの搬入開始を目指しています。


建設を巡っては、
ことし9月、県が受け入れを表明し、
その後、国が、
地権者と建設候補地の土地の買い取りなどの交渉を
進めていますが交渉は難航しています。

このうち会津若松市にある大熊町の仮の役場では、
12日午前、町議会の全員協議会が開かれ、
渡辺利綱町長が
「復興を進めるためにも町として施設の建設を受け入れたい」
と説明したということです。

これを受けて議会で協議した結果、
補償の内容には不満が残るとしながらも、
地権者への一定の説明は尽くされたうえ、
復興や生活の再建を早く進めるためには
やむをえないとして建設を受け入れる方針を決めたということです。

候補地の自治体が
建設の受け入れを決めたのは初めてです。

また、候補地の双葉町については
建設を受け入れるかどうか明らかにしていません。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-12-13 06:43 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)