スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<東海第2原発>茨城県調査 事故避難に人、車が圧倒的不足

<東海第2原発>
茨城県調査 

事故避難に人、
車が圧倒的不足


毎日新聞 12月26日(金)19時17分配信より一部

日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の
広域避難計画策定を巡り、
茨城県は26日、
半径30キロ圏(緊急防護措置区域=UPZ)内で
自力避難が難しい要支援者が
少なくとも1万7745人に上ると発表
した。

避難に必要な救急車の総数は1809台と算定したが、
県内に約170台しかなく、
避難が事実上不可能であることが裏付けられた形だ。


県は、
30キロ圏内の病院と社会福祉施設計316施設を対象に調査し、
計307施設から回答を得た(回答率97.2%)。


・・・(中略)


各施設が避難に必要とする車両の総数は、
バス404台
▽乗用車2944台
▽救急車1809台。

付添人は、医師・看護師5594人
▽介護福祉士など5948人。

救急車のほか、車両2334台、付添人2688人が足りない計算だ。

東海第2原発の半径30キロ圏内には
全国最多の約96万人が暮らしている


自宅療養している要支援者もおり、必要な車両や付添人はさらに多いとみられる。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-12-27 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)