スキーにはまっています。


by 幸田 晋

傍聴時の撮影・録音解禁 箱根町、子連れも可に

傍聴時の撮影・録音解禁 

箱根町、
子連れも可に


神奈川新聞 2015.01.07 03:00より一部

箱根町議会は6日、
事前許可なしで会議の様子を撮影・録音できる
「町開かれた議会傍聴規則」を施行した。

全国町村議会議長会によると、
撮影・録音の自由化は
「全国的にも先進的な取り組み」という


新傍聴規則は昨年12月定例会で可決された。
これまでは事前に議長の許可を得ることが必要だった。

同定例会で可決された、

議員や傍聴人が
議場でパソコンなどの電子機器を使用できる
「会議規則」改正案が検討された際、
これらの電子機器にカメラ機能などが付いていることから
機器使用と同時に
撮影などを自由化することになった。


・・・(中略)


折橋委員長は
「町のことに関心があっても、議会は『敷居が高い』
『何をしているのかわからない』と思っている人は少なくない。
情報発信方法や傍聴規則を見直すことで、
町民に広く関心を持ってもらえる議会にしたい」と話している。

「開かれた議会をめざす神奈川市民団体連絡会」
世話人代表の赤倉昭男さんは
撮影・録音の自由化について
「当たり前のことであるが、箱根町が自由化を決めたのは立派。
前例ができたことは他の自治体にとってもいいことだ」と話した。
by kuroki_kazuya | 2015-01-08 06:25 | オンブズマン | Comments(0)