スキーにはまっています。


by 幸田 晋

佐藤元首相、米圧力で沖縄訪問時の演説修正 外交文書

佐藤元首相、
米圧力で
沖縄訪問時の演説修正 

外交文書


日経新聞 2015/1/15 10:00より一部

1965年8月に当時の佐藤栄作首相が
米国統治下の沖縄訪問時に行った演説に関し、

基地の意義を強調するよう求める米側の圧力で
内容を修正していたことが、
15日公開の外交文書で明らかになった。


冷戦下を念頭に
「極東の平和と安定のために沖縄が果たしている役割は極めて重要」との一節を加え、
実際に読み上げた。

基地存続を前提とする文言で、
米軍普天間基地を含む沖縄の過重負担問題に影響を及ぼしたと分析できる。

佐藤氏が沖縄訪問時に、
米側現地トップのワトソン琉球列島高等弁務官との会談で
「返還は日米安全保障条約の下に実施したい」と伝えていたことも判明した。
当時米国は70年の安保条約延長の見送りを懸念しており、
佐藤氏としては米側に延長を示唆する意図があったとみられる。

佐藤氏の沖縄訪問を受け、沖縄返還交渉は67年から本格化し、72年の返還実現につながった。

佐藤氏は65年8月19日に沖縄を訪れた。
2日前の17日付で外務省が作成した文書などによると、
日本側と在日米大使館担当者が17日、
佐藤氏の現地での演説内容をめぐり協議した。

米側は、
事前に受け取った那覇空港到着時と映画館「国映館」での演説案について
「沖縄の戦略的、軍事的重要性に言及していない」と指摘。
「極東全般のみならず日本防衛に有する重要性を述べることを強く希望する」と迫った。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-01-16 06:45 | 対米 従属 | Comments(0)