スキーにはまっています。


by 幸田 晋

5月連休時の訪米実現に向けてなりふり構わない安倍首相

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

5月連休時の訪米実現に向けて
なりふり構わない安倍首相


ブログ「天木 直人のブログ」 
2015年01月18日より転載


1月15日の毎日新聞が注目すべき記事を掲載していた。

 すなわち昨年7月に閣議決定した集団的自衛権行使容認を担保する安保法制の整備を、前倒しして行うべく2月にも公明党と協議を再開する、という記事だ。

 これは大きな方針転換だ。

 当時から一貫して報じられてきた事は、4月の統一地方選挙に不利だと判断して、5月の連休後に先送りする、というものだった。

 統一地方選挙で勝てる自信がついたのか。

 そうではない。

 それどころか、さきの佐賀県知事選挙でも明らかなように、地方選挙はますます危うい。

 それにもかかわらず論議を呼ぶ安保法制整備をなぜ前倒ししたのか。

 その答えはただ一つ。

 米国の要望に満額回答するためだ。

 全面的に迎合して、5月の訪米を承認してもらいたいためだ。

 辺野古移転工事を強行するのも、TPP合意を急ぐのも、すべて訪米実現に応じてもらえるように米国の要望を丸呑みするためだ。

 そう思っていたら、いまや頻繁に日本のメディアに登場するようになったジャパンハンドラーのケント・カルダージョン・ホプキンス大学教授が、1月16日の日経新聞で書いていた。

 防衛方針、TPP,戦後70年談話が日米関係の鍵だ、と。

 図星だ。

 私が忘れかけていた安倍談話についてもカルダーは付け加えてくれた。

 もはや外交で四面楚歌の安倍首相がすがるものは米国しかない。

 何としてでも5月の連休に訪米して日米同盟結束をアピールしたいのだ。

 これが戦後レジームからの決別を掲げた安倍首相のなれの果てである。

 歴代の首相の中でも、もっとも見苦しい対米従属さをさらけ出している(了)
by kuroki_kazuya | 2015-01-19 06:05 | 対米 従属 | Comments(0)