スキーにはまっています。


by 幸田 晋

政党助成金 自分に「寄付」 総額3.4億円超

政党助成金 
自分に「寄付」 

総額3.4億円超


自民参院議員43人


しんぶん赤旗 2015年1月25日(日)より一部

 2013年の参院選(補選含む)で当選した自民党参院議員66人のうち、43人が、
自民党本部から受け取った政党助成金を
「選挙資金」の名目で、
1000万円、800万円と自分あてに
「寄付」していたことが本紙の調べでわかりました。

その“お手盛り”の総額は3億4400万円を超えます。
受け取った本人が、どう使ったかはチェックされません


 参院議員が支部長を務める自民党支部の13年分の政党交付金使途等報告書を調べたもの。

 これによると、大半の政党支部が同年に1700万円の政党助成金を党本部から受け取り、人件費、事務所費、宣伝事業費、組織活動費などに支出しています。

 このうち林芳正前農水相(山口)、礒崎陽輔総理補佐官(大分)はじめ43人の支部が「選挙関係費」として、本人あて(4人は選挙事務所あて)に寄付。受け取った時期は、2人をのぞいて41人の政党支部が、同年7月4日の参院選公示前後です。

 受け取った金額は、ほぼ半分の24人が1000万円。うち、古川俊治参院議員(埼玉)は、同年に受け取った1900万円のうち、1000万円を公示日に自分に「寄付」、あとの900万円はすべて「人件費」に支出しています。


・・・(中略)


政党助成金の原資は
国民の税金なのに、
使途については基本的に条件も制限も課していません。
多額な「寄付」を自分におこなった後は、
どういうことに使ったかは闇の中。
税金で肥え太ってもチェックできず、
文字通り私物化している格好です



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-01-26 06:25 | オンブズマン | Comments(0)