スキーにはまっています。


by 幸田 晋

安倍首相は「もうアメリカから手を切ったらどうか」

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

安倍首相は
「もうアメリカから手を切ったらどうか」


ブログ「天木 直人のブログ」 
2015年02月10日より転載


 昨日の日刊ゲンダイ(2月10日号)は一面大見出しで「もうアメリカと手を切ったらどうだ」と書いていた。

 もちろんこれは安倍批判においては右に出るものがない日刊ゲンダイのいつもの安倍批判だ。

 しかし、これは一般国民の意見でもある。

 きょう2月10日の東京新聞の投稿欄に「日米安保を考えなおしてはどうか」という意見が掲載されていた。

 この投稿の読者は必ずしも日刊ゲンダイのような安倍批判一辺倒ではない。

 何が何でも憲法9条を守れという左翼でもなさそうだ。

 「米軍と手を切れば日本の選択肢は広がる」と考える投稿者は一般国民の本音を代弁しているのではないか。

 実際のところ米国から手を切れないことで一番苦しめられているのが安倍首相なのだ。

 アベノミクスも東京五輪も安倍談話も北方領土交渉も拉致交渉も、安倍首相がやりたいことは、このままいけば、皆米国につぶされる。

 日刊ゲンダイのように米国に喧嘩を売って手を切る必要はない。

 しかし、日本は米軍に守ってもらう必要があるからといって沖縄住民を押し潰して辺野古移転を強行するのはどう考えても売国的だ。

 この東京新聞の様に、米国との関係を見直してはどうかというのは、右も左も関係ない一般国民の思いに違いない。

 正しく米国から自立できれば安倍首相は国民的英雄になる。

 それが出来ず、間違った形で対米従属に走る安倍首相は愚かだ。

 それを止めないばかりか、安倍首相に正く助言できない側近政治家たちは、もっと愚かだ。

 米国が再びテロとの戦いの自滅に向かう今こそ自主、自立した日本を取り戻す絶好のチャンスなのだ。

 それに気づかない安倍首相は、いくら長く首相を続けても苦しむばかりだ。

 恥をさらすだけだ。

 未来永劫、「日本を取り戻す」ことなど出来はしない(了)
by kuroki_kazuya | 2015-02-11 05:55 | 反動 | Comments(0)