スキーにはまっています。


by 幸田 晋

サンゴ破壊確認 「一方的」なのは誰か

サンゴ破壊確認 
「一方的」なのは誰か


琉球新報 <社説> 2015年2月28日より一部

県水産課が名護市辺野古の大浦湾で実施した潜水調査で、
沖縄防衛局がコンクリートブロックを設置した場所でのサンゴ礁破壊を確認した。

これに対して菅義偉官房長官は
「一方的に現況調査を開始したことは極めて遺憾だ」と述べ、県を批判した。

中谷元・防衛大臣も防衛局が県に求めた調査の照会に回答がなかったことを挙げて
「甚だ遺憾だ」と県に疑問を差し挟んだ。

県の調査が果たして「一方的」と批判を受けるいわれがあるのか。

そもそも政府は
辺野古埋め立て承認についての検証結果が出るまで
海上作業を中断するよう求めた県の要求を無視している。
一方的なのは政府の方だ

また防衛相は県が防衛局の照会に回答しないと批判するが、
防衛局は県が求めたブロック位置の図面などの資料を期限内に提出していない。
さらに県が米軍側への制限水域内立ち入り許可申請を仲介するよう打診しても、
直接米軍と調整するようにと突き放した。

翁長雄志知事が
「誠実とは思えず遺憾だ」と言ったように、
政府こそ不誠実な対応ではないか。

今回の調査で
サンゴ礁の破壊が確認されたブロックは
岩礁破砕許可の区域外に設置されている



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-03-01 06:35 | 対米 従属 | Comments(0)