スキーにはまっています。


by 幸田 晋

いまや最大の外交懸案となりつつある安倍首相の連休訪米

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

いまや最大の外交懸案となりつつある
安倍首相の連休訪米


ブログ「天木 直人のブログ」  
2015年03月25日より転載



 菅官房長官が唐突に安倍首相の訪米を公式発表したのは3月23日の記者会見だった。

 しかし、この重要な発表を報じる各紙の記事は、いずれも、あまりにも小さい。

 なぜか。

 それは訪米の内容がパッとしないからだ。

 早くから国賓待遇の訪米と騒ぎ立てていたのに、いつしか「公式訪問」に表現が変わっている。

 米国議会での歴史的演説をやる、とあれほど前評判が高かったのに、いまだに調整中だという。

 オバマ大統領との首脳会談こそ4月28日に決まったようだが(当然だろう。米国を訪問しておきながら首脳会談をやらないということはありえない)、その議題の中心は日米同盟の強化(日米防衛新ガイドライン)とかテロ対策とかTPPだとう。

 今年最大の問題である中国、韓国との関係や、終戦70年記念に関する歴史認識問題について、米国は必ず持ち出して注文をつけてくるに違いないのに、菅官房長官はあえてそれには触れないままだ。

 安倍首相の使い走りである谷内正太郎NSC事務局長はとっくに帰国しているはずなのにその結果をどのメディアも報じない。

 しかもTPPの合意は米国の都合で訪米後に先送りされ、日米同盟は辺野古移転で立ち往生し始めた。

 テロ対策に至っては日本ができることといえば米国に言われるままにカネをばらまくだけだ。

 いわめつけはその一週間以上にわたる長期滞在の内容だ。

 その大半は米国内の地方旅行に費やされる。

 これを要するにオバマ大統領との会談のほかは、見るべきものは何も決まっていないスカスカの訪米案である。

 果たして安倍首相の訪米は、これから一か月足らずの間に、どこまで意味のあるものにでっちあげることができるのか。

 国際情勢如何では、下手をすると直前になってオバマ大統領は延期を言い出しかねないほどだ。

 訪米の成否は、いまや安倍首相の最大の外交懸案となりつつある(了)
by kuroki_kazuya | 2015-03-26 06:05 | 対米 従属 | Comments(0)