スキーにはまっています。


by 幸田 晋

TPP日米閣僚協議、半年ぶり開催へ 甘利大臣、交渉前進に意欲

TPP日米閣僚協議、
半年ぶり開催へ 

甘利大臣、
交渉前進に意欲


フジテレビ系(FNN) 4月19日(日)19時29分配信より一部

各国の主張の隔たりが大きく、厳しい交渉が続いているTPP(環太平洋経済連携協定)。19日夜から、甘利TPP担当相が「最後のチャンス」という、日米閣僚協議が、東京都内で半年ぶりに開かれる。
19日午後、TPP閣僚協議のため、成田空港に到着したフロマン米通商代表。
フロマン米通商代表は、「ここに来られてうれしい。甘利大臣との生産的な会談を期待している」と述べた。

甘利TPP担当相も19日朝、交渉前進へ意欲を見せた。

甘利TPP担当相は、「間合いを詰めるですね、一番最終的な大きなチャンスだというふうに思っております。この機会を最大限に活用していきたいと思います」と述べた。
なかなか進展しなかったTPP協議。
これまで、甘利TPP担当相が、「進展しないなら会う意味がない」と断ってきた中、半年ぶりに閣僚協議が開かれることになった背景には、アメリカ議会によるTPA(大統領貿易促進権限)法案の提出がある。
アメリカでは、議会が、通商に関して強い権限を持っていて、個別の条文ごとに修正を求めることができる。

今回提出されたTPA法案は、大統領が、議会の要請に添って貿易交渉を行うことと引き換えに、各国と合意した内容について、議会側は、追加・修正を求めないとするもの。
この法案が成立すれば、交渉妥結に向けた動きが加速するとみられている。
フジテレビ経済部・小川美那記者は、「日本をはじめ、参加国の多くは、『TPAが成立しなければ、合意しても意味がない』としています。それは、TPAが成立しなければ、合意した内容をアメリカ議会にひっくり返され、今までの血のにじむような努力が、水の泡になるからです」と語った。
そのTPA法案、成立は、最速で5月下旬という見方が出ている。

再び動き始めたTPP交渉。
これまでの日米協議では、焦点とされる4分野のうち、牛肉と豚肉は、着地点が見えてきているようだが、残るコメや自動車分野は、今回の閣僚協議で話し合われる。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-04-20 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)