スキーにはまっています。


by 幸田 晋

祖父を超えられなかった安倍首相

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

祖父を超えられなかった
安倍首相


ブログ「天木 直人のブログ」  
2015年4月30日より転載


 安倍首相が祖父である岸信介元首相を師と仰いで尊敬していることは、自ら吹聴しているくらいだから周知の事実だ。

 その岸首相でさえ出来なかった米上下両院合同会議での演説を日本の首相として初めて行う事が出来たのだから、安倍首相はさぞかし有頂天 だろう。  

 しかし、岸首相と安倍首相の議会演説には決定的な違いがある。  

 あの時は冷戦最中だ。日米安保条約を強化して共産主義のソ連から日本を守るという外交・ 安保政策は、イデオロギーの違いからくる反対はあったにせよ、日本の国益を考えた一つの選択だった。  

 ところが今度の安倍演説はまったく違う。  

 もはや東西冷戦は遠い昔の事だ。そんな中で、かつての共産主義ソ連に代わる脅威として中国を全面的に出した。

 つまり、いまや日本の最大の脅威は大国になった中国であり、その中国の軍事的覇権主義に日米同盟を強化して立ち向かおうというわけだ。

 そのためには日本の米軍基地を更に強化し、ついに自衛隊を米国に差 し出すという。

 これほど愚かな外交・防衛政策はない。  

 岸信介首相は同じく改憲論者であったが、その背景には、日本から米軍基地をなくし、みずから日本を守ることによって真の独立を実現する という考えがあった。  

 たとえそれがかなわなかったとしても、そうする努力はした。  

 ところが今の安倍首相はどうか。  

 米国への更なる負担を約束する一方で、ますます米国に占領されてしまおうとしている。  

 岸信介首相を超えるどころか、逆戻りだ。  

 米国にやられっぱなしだ。  

 今度の訪米中にオバマ大統領とゴルフをさせてもらえなかった安倍首相が、 アイゼンハワー大統領とゴルフを楽しんだ祖父岸首相に及ばなかったのは、まだ笑い話で済まされる。  

 しかし、日米関係のここまで屈辱的な後退は、日本国民への裏切りだ。

 祖父を超えられなかったどころの話ではない(了)
by kuroki_kazuya | 2015-05-01 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)