スキーにはまっています。


by 幸田 晋

安倍首相に正しい謝罪を求める愚

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

安倍首相に
正しい謝罪を求める愚


ブログ「天木 直人のブログ」  
2015年4月30日より転載


 きょう4月30日の各紙が安倍首相の議会演説を一斉に大きく報じている。

 安倍首相の歴史認識を批判する立場からは、当然のことながらの謝罪は不適切、不十分だという批判が出る。

 私もそう思う。

 どこが不適切なのか。

 それは、日本が侵略したアジアへの謝罪を曖昧にし、真珠湾奇襲攻撃をした日本の謝罪を優先したからだ。

 米国の原爆投下に触れることなく、米国に挑んだ日本を許してくれた米国に感謝しているごとくであるからだ。

 どこが不十分なのか。

 それはアジアへの謝罪について、「おわび」や「侵略」や「慰安婦」に触れずないまま済ませたことだ。

 しかし、よく考えて見るとそれらは、当然だ。

 訪米し、米国議会で演説させてもらったのだから、米国議会、政府、国民向けに「受け」を狙うのは当然だ。

 「おわび」や「侵略」や「慰安婦」への言及は、本来は安倍談話で行うべきだから、その時までとっておくというのなら、理解できなくはない。

 そして、よく読めば、今回の演説はそれらの言葉こそ使われなかったが、安倍首相はいたるところで謝罪している。 過去の政府談話を踏襲すると繰 り返してる。

 それにもかかわらず、なぜ安倍演説は不十分で不適切なのか。

 それは、安倍首相が自らの政治基盤強化の為に訪米し、自らの名誉の為に米国議会での演説に固執したからだ。

 その代償として、米国に迎合するしかないのは当然の帰結だ。

 それは、「ウソつき安倍」がいくら謝罪しても、本心からの謝罪ではない事を皆が知っているからだ。

 これを要するに安倍首相では日本はいつまでたっても正しい謝罪はできないのだ。

 安倍首相を変えない限り日本はいつまでたっても謝罪問題で苦しめられることになる。

 その事を安倍首相の米議会演説は見事に教えてくれたというわけだ(了)
by kuroki_kazuya | 2015-05-01 06:15 | 日本の今後 | Comments(0)