スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<福島第1原発>津波試算文書 東電が提出拒否 神戸地裁

<福島第1原発>
津波試算文書 

東電が提出拒否 
神戸地裁


毎日新聞 5月5日(火)11時21分配信より一部

 東日本大震災(2011年)の東京電力福島第1原発事故を受け、兵庫県内への避難者が国と東電に損害賠償を求めた神戸地裁訴訟で、東電が震災前に実施した津波に関するシミュレーション文書の提出を拒否していることが、訴訟関係者への取材で分かった。原告側が提出を求めていた。提出に法的義務はないが、原告側は「東電が重大事故を予見し得たかを知る重要な文書。真相究明を妨害する行為だ」と批判している。


・・・(途中略)


東電は、
マグニチュード8クラスだった
明治三陸地震(1896年)など
過去の津波を基に
08年、福島県沖で大規模地震が起きた場合の
津波の高さを試算した。


だが旧経済産業省原子力安全・保安院に試算結果を報告したのは
福島原発事故の直前の11年3月7日で、
「福島第1原発に10メートルを超える津波が押し寄せる可能性がある」などとの内容を公表したのは、
さらに約5カ月後だった。


・・・(途中略)


神戸訴訟の原告弁護団事務局長を務める辰巳裕規弁護士(兵庫県弁護士会)は
「加害企業として事故原因を積極的に究明することが求められている。
提出拒否は理解できない」と批判している。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-05-06 06:48 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)