スキーにはまっています。


by 幸田 晋

さすがのプーチンもこれには怒っただろうと思わせる朝日の記事

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

さすがのプーチンも
これには怒っただろう
と思わせる朝日の記事


ブログ「天木 直人のブログ」   
2015年5月6日より転載



 産経新聞の記事がチョンボだとしたら、こちらは確信犯的な記事かも知れない。

 やはりきのう5月5日の記事だ。

 朝日新聞は「プーチンの実像 第3部 孤高の皇帝その11」という記事の中で要旨次のように書いている。


 すなわち安倍首相は4月29日の米国議会演説で次のように語った。「日本は、米国と共に、冷戦に勝利した・・・」。しかし昨年10月、世界の有識者との討論会でプーチン大統領はこう語った。「米国は自身を、冷戦の勝者だと宣言した」、「『勝者』と称する者が、自分たちの利益のためだけに、全世界を塗り替えようとしている・・・」。これはロシアが「冷戦の敗戦国」として扱われることを拒絶することだ。そんなプーチン大統領の強い決意を知ってか知らずか、安倍首相はよりによって米国議会演説で「日本は米国と共に、冷戦に勝利した」と胸を張って語ったのだ。

 この記事を書いたモスクワの駒木特派員は、その記事を次のように締めくくっている。

 「13年4月の安倍訪ロをきっかけに首脳間のパイプもつながりかけた。それが今、再び切れようとしている・・・」と。

 そんななまやさしいものではない。
 
 プーチン大統領は今度こそ安倍首相を許さないだろう。

 安倍首相がもっとも誇らしげに語る米国議会演説こそ、安倍対ロ外交の迷走のなれの果てだ。安倍外交の失敗だ。

 あれほどプーチン大統領との個人的関係を自慢していた安倍首相が、あれほど嫌っていたオバマ大統領に心もなくすり寄って、プーチン大統領を敵に回した。

 中国にもロシアにも敵視され、肝心の米国には搾り取られて最後は捨てられる。

 そんな安倍外交に、もはや活路はない(了)
by kuroki_kazuya | 2015-05-07 06:15 | 対米 従属 | Comments(0)