スキーにはまっています。


by 幸田 晋

連休明けを一番嫌がっているのは安倍首相に違いない

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

連休明けを一番嫌がっているのは
安倍首相に違いない


ブログ「天木 直人のブログ」 
2015年5月7日より転載



 長い連休が終わり、きょうから働かなければいけない。

 嫌だなあと誰もが思っていることだろう。

 そんな日本国民の中で、実は連休明けを一番嫌がっているのは安倍首相に違いない。

 なぜか。

 それは安倍首相を待ち受けているものは、途方もなく困難なものばかりだからだ。

 思えば、彼が二度目の首相に返り咲いて以来、彼の最大の課題は、途中で首相の座を放り出した汚名を晴らすことだった。

 そのためにあらゆるパフォーマンスを重ね、嘘を繰り返した。

 その最大のものが、連休初めに行われた訪米だった。

 その訪米の中の唯一、最大のパフォーマンスこそ、米国議会演説だった。

 戦後の首相で初めての偉業だ。

 あの小泉首相さえできなかった。

 偉大な祖父の岸信介首相を超えた。

 大成功だ!とメディアを使って自画自賛した。

 それもいいだろう。

 しかし、パフォーマンスは連休と共に終わり、国民はもはや何も覚えていない。

 そして、そのパフォーマンスのために払った対米従属と言う代償は、あまりにも大きかった。

 見ているがいい。

 連休明けにそのツケが安倍首相を一気に襲うだろう。

 どれ一つとっても安倍首相には答えは出せない。

 連休明けを一番嫌がっているのは安倍首相だという理由がここにある。

 もっとも、安倍首相はまだごまかせると思っているだろう。

 メディアを使ってウソを続け、野党不在のいまの政治状況では、恐れるものは何もないとたかをくくっているからだ。

 しかし国民はそれほど馬鹿ではない。

 こんどこそ逃がさない。

 私が安倍首相の米国議会演説の日である4月29日に合わせて、新党憲法9条の結党宣言をした理由がここにある(了)
by kuroki_kazuya | 2015-05-08 06:15 | 反動 | Comments(0)