スキーにはまっています。


by 幸田 晋

食い逃げされた消費税の腹立たしさ

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

食い逃げされた
消費税の腹立たしさ


ブログ「天木 直人のブログ」   
2015年5月20日より転載


このところ経済財政諮問委員会がやたらに開かれている。

 そこで何が議論されているのか。

 たとえば5月12日に開かれた経済財政諮問委員会を報じる5月13日の毎日新聞が書いていた。

 消費税10%超なき財政再建を行うと。

 たとえば5月19日の経済財政諮問委員会を報じるきょう5月20日の産経新聞が書いていた。

 歳出削減の為、高齢者の資産・相続税強化、年金減額、安価なジェネリック医薬品の利用拡大などが提言されたと。

 これを要するに、財政健全化は一向に達成されず、さりとて消費税増税は10%以上上げるのは国民の反発が強く無理だ。だからそれに代わる財源を見つけ、年金などの給付を減らす、という事だ。

 もっとはっきり言えば消費税増税の食い逃げだ。

 消費税増税が議論された3年ほど前、財政健全化は待ったなしだ、だから消費税増税はやむを得ないだろうとよく聞かされた。

 その一方で、財政健全化には、消費税を20%、30%と上げてもまだ足りない、とも言われた。

 これを要するに、財政健全化は消費税増税の言い訳でしかなかったということだ。

 そして消費税増税10%は見事に食い逃げされ、どこかに消え、今度は手を変えた増税が行われ、給付切り下げが行われるということだ。

 その一方で財政赤字は日米同盟強化やバラマキ予算で増え続ける。

 絵に描いたような国民切り捨てだ。

 本物の国民政党をつくって、国政を政治家や官僚から国民に取り戻さなければいけない。

 それこそがインターネット政党・新党憲法9条である(了)
by kuroki_kazuya | 2015-05-22 06:15 | 日本の今後 | Comments(0)