スキーにはまっています。


by 幸田 晋

オスプレイと共に特殊部隊を横田に配備!本州広域が危険な訓練場となる

オスプレイと共に
特殊部隊を横田に配備!

本州広域が
危険な訓練場となる


ダイヤモンド・オンライン 5月21日(木)8時5分配信より一部

 米国防省は5月12日、米空軍横田基地(東京都福生市など)に垂直離着陸輸送機CV22(オスプレイ)10機を配備すると発表、東京都などに対して特殊部隊の軍人・軍属約400人を追加する計画も明らかにした。「忍者部隊」が東京にやって来るわけだ。


 おりしも5月17日には米海兵隊のMV22がハワイ・オアフ島のベローズ空軍基地で着陸に失敗炎上、乗っていた22人中1人が死亡、21人が火傷を負い病院に搬送される事故が発生した。

 陸上自衛隊もMV22を17機、3600億円で輸入し、佐賀空港に配備する計画だが、安全性に疑問が再燃しそうだ。

 横田基地に配備されるCV22は、すでに沖縄の普天間基地に24機が配備されている海兵隊ヴァージョンのMV22とほぼ同型機だが、空軍ヴァージョンのCV22は特殊部隊の潜入用だから、夜間に超低空飛行をするための「地形追随・障害物回避用レーダー」を装備している。MV22が2014年9月までで10万飛行時間当たり2.12件の比較的低い事故率であるのに対し、CV22は今年1月まで計4.2万時間の飛行時間だが、CV22はそれから10万時間当たりの事故率を計算すると7.21件に当たり、3.4倍の事故率となる。

 機体自体にはほぼ違いはないが、MV22は沖合の強襲揚陸艦(ヘリ空母)から海兵隊員や補給物資などを陸地へ運ぶのが主な任務であるのに対し、CV22は特殊部隊を敵地の内陸に秘かに送り込んだり、収容して帰投させるため、超低空飛行や暗視装置に頼って夜間着陸の訓練をすることが多いためと考えられる。


・・・(中略)


● 違法な軍事活動に協力したと 日本が非難される懸念も

 特殊部隊は潜入を本領とする、比較的少人数で、猛訓練を受け、日本の戦国時代の「忍者」に似た部隊だ。敵地深くに入って偵察、破壊活動、暗殺、拉致、人質救出などを行う一方、各国語の専門家もいて、住民の懐柔工作や反乱軍の支援や訓練なども行う。米軍は特殊作戦を重視し、陸・海・空軍、海兵隊の特殊作戦関連部隊をまとめて指揮する「特殊作戦軍」を1987年に設立、人員は計6万人に達する。その中でも陸軍の「デルタ・フォース」、海軍の「シールズ」が最精鋭とされる。

 特殊部隊はもっぱら秘密活動をするから、身元、国籍を隠すため、ロシア製のヘリや中型輸送機まで持っており、国際法を無視した作戦にも使われがちだ。2011年5月、パキスタンのアボタバードに隠れていたオサマ・ビン・ラディンと他の4人を殺し、負傷した妻を拉致したのは米海軍の「シールズ」で、陸軍の特殊作戦用ヘリ部隊が輸送に当たった。これはパキスタン政府への通告なしで行われ、他国の主権を無視した作戦だった。また今月15日夜には米陸軍の「デルタ・フォース」が米空軍のCV22などでシリア東部に潜入、「イスラム国」幹部のアブ・サヤフらを殺し、その妻を拉致したが、これもシリア政府に無断だった。

 秘密の塊のような忍者部隊が日本に駐留して、秘かに出動、他国に潜入して違法な活動をされては、日本も思わぬことで非難される状況が起こりかねない。CV22の配備よりは、そのほうが問題かもしれない。

田岡俊次
by kuroki_kazuya | 2015-05-22 06:35 | 対米 従属 | Comments(0)