スキーにはまっています。


by 幸田 晋

福島第一原発 事故処理実態伝えたい 元作業員・池田さん八王子で7日講演

福島第一原発 
事故処理実態伝えたい 

元作業員・池田さん
八王子で7日講演


東京新聞 2015年6月3日より一部

 東京電力福島第一原発で事故現場の処理に携わっていた元作業員男性を招き、現状や労働環境を聞く会が7日、八王子市で開かれる。実名で話す世田谷区の池田実さん(62)は「誰かがやらなくてはいけない仕事。大変な現場を経験した者として情報発信したい」と話す。 


・・・(途中略)


昨年二月から福島県浪江町で除染作業に従事した後、原発で作業をする三次下請けの会社に採用された。

 昨年八月から今年四月末まで九カ月働き、その大半は、手付かずだった施設の整理を担当。書類や機器などを分別し、コンテナに収納した。早朝、いわき市の寮を車で出発し、約五十分かけて午前六時半ごろ原発に到着。本人確認をして防護服に着替え、同九時から昼ごろまで作業をした。

 顔に全面マスク、胸には線量計。一日の被ばく許容量は〇・八ミリシーベルト。その五分の一を超えるとアラームが鳴り、一日に三回鳴ると退避する決まり。その経験はないが、一回鳴ったことは計三日あった。

 「被ばく量管理はしっかりされていた」が「放射線は痛みもにおいもない。時限爆弾を抱えていくよう。将来、『爆発』しない保証はない」と不安を感じる。死亡事故もあり、危険と隣り合わせだが、労働条件は決してよくないという。

池田さんの場合、
一日一万円の賃金と危険手当四千円で、
月の手取りは約二十七万円。
ボーナスはなく、
年収では郵便局の再雇用とあまり変わらない。
「危険なのに賃金が安く、
危険手当などに格差がある。
多重の下請け構造が問題。
国は雇用や労働環境の整備にも関与すべきだ」


 四月初め、担当の仕事が変わった。使用済みの防護服を圧縮した袋を開き、小分けする作業で、休みは日曜だけ。週末に妻(61)の待つ東京に帰れなくなった。「土日と祝日が休みの契約とは違った。上意下達でものが言えず、軍隊みたいな世界」。八畳間に二人で寝起きする生活に苦痛を感じ、「帰ってきて」という妻の言葉で福島を離れた。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-06-05 06:48 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)