スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<仏政府>アレバを救済 公的資本注入、原発離れで経営悪化

<仏政府>
アレバを救済 

公的資本注入、
原発離れで経営悪化


毎日新聞 6月4日(木)23時45分配信より一部

【ロンドン坂井隆之】

フランス大統領府は3日、経営難に陥っている原子力大手アレバを政府主導で救済すると発表した。政府が公的資本を注入するほか、仏電力公社(EDF)がアレバの原子炉製造子会社の株式の過半数を買収するアレバは
東京電力福島第1原発事故後の
先進国の「原発離れ」などで、
経営が急激に悪化していた。


EDFとアレバは、
いずれも仏政府が
8割以上の株式を握る
事実上の国営企業。

原子力産業は仏国内で約40万人の雇用を抱えており、
大統領府は声明で
「原子力事業はエネルギーの独立を守る上で不可欠」
と救済の必要性を強調した。


・・・(中略)


14年決算では
48億ユーロ(約6700億円)の
過去最大の最終赤字を計上。

政府主導の救済が検討されてきた。
by kuroki_kazuya | 2015-06-05 06:58 | 核 原子力 | Comments(0)